公益社団法人 北海道観光振興機構/【飲食店の接客担当者・店舗企画・研修担当者向け】「インバウンド観光人材スキルアップ研修」開催

ポストコロナ時代のインバウンド観光を学びませんか?(主催:北海道観光振興機構)

リリース発表日:2022年10月5日 19時30分

北海道の広域連携DMOとして、北海道観光の認知度向上と、国内・海外観光客の誘致等を推進する北海道観光振興機構(北海道札幌市)は、ポストコロナ時代の観光を担う人材育成の一環として10月より「インバウンド観光人材スキルアップ研修」を行います(全20回予定)。

コロナ前の観光と、ポスト(=ウィズ)コロナの観光で「変わった/変わっていくこと」と「変わらないこと」を紐解き、訪日観光客受入体制づくりに役立つ知識を学びます。
訪日観光客の、食事に関する国ごとの特徴、おもてなしのポイントをお伝えします。
英語への苦手意識を取り払い、外国人とのコミュニケーションに対する心のハードルを下げます。
顧客満足度と売上につながる、すぐに使える英単語やフレーズを学び、ロールプレイなどの練習を通して実践力を高めます。

11月7日は札幌市内での開催。10月以降、北海道内の以下のエリアで開催予定。
(札幌・千歳・岩見沢・砂川・小樽・岩内・南富良野・帯広・登別・平取・函館・長万部・平取、他調整中)

 

  • このような方におすすめ

▶ 飲食店の接客担当者・店舗企画・研修担当者
 

  • 開催要項

<概要>
開催日時:11月7日(月)13:30~16:00
会場:TKP札幌カンファレンスセンター(札幌市中央区北3条西3丁目1−6 札幌小暮ビル)※オンライン参加可
参加費用:無料
講師・コーディネーター:
(株)ライフブリッジ 東京営業所長 堀岡三佐子氏
(株)タナベコンサルティング 北海道支社 コンサルタント ​矢野裕之
主催:公益社団法人 北海道観光振興機構

<申し込み方法>下記のページから必要事項をご記入の上、お申込みください。
https://tanabekeiei-hokkaido.jp/tourism_seminar_221107

<カリキュラム(予定)>
1. 「地域の総合産業=観光」と食産業との繋がりを学ぶ
  (インバウンド観光の基礎知識、コロナ禍を経た変化、食の多様性やホスピタリティについて)
2. 外国人観光客おもてなしのポイントと簡単カタカナ接客英語を学ぶ 【ゲスト講師:(株)ライフブリッジ】
 (1)訪日外国人旅行者への理解(国籍別の好みや食習慣等)
 (2)英語への苦手意識を無くす発音矯正(日本人が苦手な発音攻略)
 (3)簡単カタカナ接客英語でのコミュニケーション
    (外国人が求めるコミュニケーション、翻訳アプリ活用のポイント、等)
 

  • 講師・コーディネーター紹介

(株)ライフブリッジ 東京営業所長 堀岡三佐子氏
東京都出身。上智大学を卒業後、都内の私立中学・高等学校で8年間、英語教諭を務めたあと、英語教材のライター・編集者として10年以上活躍。2015年に通訳案内士(英語)の免許を取得し、外国人旅行者の通訳ガイドに従事するかたわら、渋谷区観光協会が運営する観光案内所に勤務。2018年に(株)ライフブリッジに入社。英語教育に長年携わったノウハウと、訪日外国人旅行者との直接的な交流から得た知見とを生かした研修・講演を行っている。

 

(株)ナベコンサルティング北海道支社 コンサルタント​ 矢野裕之
 金融機関での国際業務、海外駐在(シンガポール)を経てタナベ経営(現 タナベコンサルティング)に入社。現在は経営コンサルタントとして、企業と社員の成長に繋がる階層別人材育成に取組んでいる。​
海外駐在時にはシンガポールを拠点に12ヵ国を訪問し、「海外のライバル地域と比較してこそわかる、北海道ならではの魅力を伝える」ことをテーマに、文化博やスポーツ(ラグビー、マラソン)イベント等でのインバウンド観光プロモーションに携わる傍ら、日々事務所を訪れるFITへの観光相談や現地学生向けの観光セミナー等、北海道を訪れたい「一人ひとりの外国人」と対話する草の根観光振興にも取組んできた。​

関連記事

ページ上部へ戻る