Aiello Inc./台湾のAiello(アイエロ)が音声AIソリューションの海外展開に向けて580万ドルを調達

【画像】「Aiello音声アシスタント(AVA)」は、日本、タイ、マレーシア、シンガポールの国際的なホテルブランド数社に導入されています。 

Aielloの自然言語理解技術に注目した JAFCO Asiaとウィストロンが最新ラウンドに参加

リリース発表日:2022年10月5日 21時31分

自然言語処理と音声AI技術のリーディングカンパニーであるAiello Inc. (Aiello株式会社)(本社:台湾、代表取締役:Vic Shen氏)は、JAFCO Asia(ジャフコグループ株式会社のグループ)とウィストロン(台湾)が主導したプレシリーズA+ラウンドで、580万米ドル(約8億4100万円)を調達しました。Aielloが提供する「Aiello音声アシスタント(AVA)」はホスピタリティ業界に特化した最先端のNLU(自然言語理解)をベースにしたソリューションです。今回調達した資金は、海外展開を目的とし、日本やタイでのビジネスを加速させるために使われます。また、研究開発を強化し、法人の営業や会議の効率化を目的とした新たな製品である『Intelligence Conversation Platform』をリリースする予定です。
自然言語処理と音声AI技術のリーディングカンパニーであるAiello Inc. (Aiello株式会社)(本社:台湾、代表取締役:Vic Shen氏)は、JAFCO Asia(ジャフコグループ株式会社のグループ)とウィストロン(台湾)が主導したプレシリーズA+ラウンドで、580万米ドル(約8億4100万円)を調達しました。この最新ラウンドには既存の投資家であるCornerstone Venturesも参加しました。Aielloは創業から4年で総額1000万米ドル(約14億5千万円)以上を調達したことになります。 

JAFCO Asiaは、日本の有力なベンチャーキャピタルであるジャフコグループ株式会社のグループ会社です。JAFCO Asiaは、過去30年で500社以上の企業に投資し、115社以上のIPOを実現しています。JAFCO Asia (President&CEO:渋澤祥行氏)は、「Aielloは、継続性と拡張性を持つビジネスモデルを有するAI startupです。ポストCOIVD時代において、DX(デジタルトランスフォーメーション)は不可逆なメガ・トレンドです。あらゆるビジネス/生活シーンにおいて、人工知能やスマートスピーカーの需要は今後、更に大きくなると予想され、同社は重要な役割を果たす事になるでしょう」とコメントしています。 

また、Aielloの創業者兼CEOのVic Shen氏は次のようにコメントしています。私たちは、JAFCO AsiaとウィストロンがAielloの投資家として参加することを非常に嬉しく思います。両社の強力なネットワークと知識は、Aielloを次の成長段階へ導くことができると確信しています。今回調達した資金は、海外展開を目的とし、日本やタイでのビジネスを加速させるために使われます。また、研究開発を強化し、法人の営業や会議の効率化を目的とした新たな製品である『Intelligence Conversation Platform』をリリースします。このプラットフォームは、AIを活用した音声・音響分析を強みとし、今年末までに提供を開始する予定です」 

Aielloは昨年、共同リードインベスターのChunghwa PCHome(Chunghwa Telecom GroupとPCHOME Online Incがジョイントベンチャーとして設立したベンチャーキャピタルファンド)によるプレシリーズAラウンドを成立させています。このファンドは、Cornerstone Ventures、Zylux Acoustic Corporation、および上場ゲーム会社コロプラのコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)であるコロプラネクストによって構成されています。なお、コロプラネクストにとって、台湾のAIスタートアップへの投資はこれが初めてとなります。

【画像】「Aiello音声アシスタント(AVA)」は、日本、タイ、マレーシア、シンガポールの国際的なホテルブランド数社に導入されています。 【画像】「Aiello音声アシスタント(AVA)」は、日本、タイ、マレーシア、シンガポールの国際的なホテルブランド数社に導入されています。 

Aielloが提供する「Aiello音声アシスタント(AVA)」はホスピタリティ業界に特化した最先端のNLU(自然言語理解)をベースにしたソリューションです。コア技術は、グーグル、クアルコム、HTC出身の創業チームによる自然言語処理(NLP)と機械学習(ML)モデルとなっています。ホテル業界のペインポイントをターゲットにしており、「痒い所に手が届く使い勝手の良さ」が特徴です。 

AVAを使って宿泊者は「話す」だけでアラームの設定の他、空調や照明の調整ができます。また、ルームサービスを頼んだり、近くの観光スポットなどの情報を音声で尋ねることができます。結果、宿泊者に対して、最高のバトラーサービスを提供することができます。 

「AVA を導入したホテルでは、フロント業務の負担が約30%軽減されたとのデータが出ており、200室あるホテルの場合、6か月で300時間以上の労働時間に相当します」とVic Shen氏は述べています。 

 

【画像】 Aiello株式会社の創業者兼CEOのVic Shen氏は、日本における投資家の実績、およびソフトウェアとハードウェアソリューションの専門知識を活用して、国際マーケットへの進出を目指します。【画像】 Aiello株式会社の創業者兼CEOのVic Shen氏は、日本における投資家の実績、およびソフトウェアとハードウェアソリューションの専門知識を活用して、国際マーケットへの進出を目指します。

また、 AVAがネット上で話題になったことで、SNS上での露出が10倍になったホテルもあります。同時にホテルのアップセルにもつながり、宿泊率やゲストのロイヤリティも向上します。さらに、データ分析により旅行者の滞在中の様々なニーズや行動を可視化し、経営改善に役立つデータを抽出することで、ホテル業界のDXを支援します。 

現在、AVAは、中国語、英語、タイ語、日本語の音声およびテキストのやり取りを毎月90万件以上取り込んでいます。 

導入は簡単で、1週間以内にAVAの設置が可能です。AVAは4年前に誕生し、既に台湾のホテル8000室(約60ホテル)に導入されています。昨今、4つ星以上のホテルでは新しいスタンダードとして、ルメリディアン台北、日月潭フローデシンホテル、高雄インターコンチネンタルホテルなどの5つ星ホテルでも導入されています。海外での新型コロナウイルスが落ち着いた直近半年間で、日本、タイ、マレーシア、シンガポールの国際的なホテルグループへの参入にも成功し、今年の契約客室数は昨年の2.5倍と、目覚ましい成長が期待されています。 

詳細については、https://aiello.ai/jp/product-spot-jp/ をご覧ください。 

関連記事

ページ上部へ戻る