メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン/メルコリゾーツ、横浜F・マリノスと共に「Stay Strong Together ホームタウンの商店街を応援しよう!」プロジェクトを4月よりスタート

横浜市、横須賀市、大和市より参加5商店街を発表

リリース発表日:2021年3月15日 13時00分

【2021年3月15日(月)日本発】
アジアにおいてゲーミングおよびエンターテインメントを提供する統合型リゾート施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(NASDAQ:MLCO、以下「メルコリゾーツ」)の子会社、メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパンは、トップパートナー契約を締結する横浜F・マリノスと共に、新型コロナウィルスにより影響を受けているF・マリノスのホームタウンにより一層の賑わいを取り戻すことを目標に、横浜市、横須賀市、大和市の地元商店街を応援するための施策「Stay Strong Together ホームタウンの商店街を応援しよう!」プロジェクトを2021年4月より開始します。2月中に300を超える該当商店街から募集して、厳選なる審査の結果5商店街をこのプロジェクトの対象と決定致しました。また、3月14日(日)には、日産スタジアムで行われた横浜F・マリノスのホームゲームに各商店街の代表を招待し、プロジェクトの開始を宣言しました。

写真左から、マリノス君、横浜 F・マリノスアンバサダー波戸康広氏、横浜マリノス株式会社 代表取締役社長 黒澤良二氏、大和駅周辺すずらん通り商店会 会長 黒木正幸氏、久里浜商店会協同組合 理事長 森下守久氏、 たまプラーザ駅前通り商店会 会長 小松礼次郎氏、横浜弘明寺商店街協同組合 理事長 長谷川史浩氏、中山商店 街協同組合 理事 榊原英治氏様、横浜 F・マリノス クラブシップ・キャプテン 栗原勇蔵氏、マリノスケ

「Stay Strong Together ホームタウンの商店街を応援しよう!」プロジェクトは、参加商店街を横浜F・マリノスの選手が紹介する商店街応援ビデオの制作と日産スタジアム大型ビジョンでの放映、ホームゲームでのLED広告における参加商店街名の表示、販促に利用いただく観戦チケットやサイン入りグッズの提供とSNSでの告知など、メルコリゾーツが持つ横浜F・マリノスのスポンサー権利を参加商店街に提供し、認知向上、集客などを通じて参加商店街の活性化を図ることを目的としています。

参加商店街の応援ビデオは4月以降の横浜F・マリノスホームゲーム開催時のスタジアムでご覧いただけるほか、メルコリゾーツや各商店街のSNSなどでもご覧いただけます。また各種ツールは4月以降各商店街の販売促進や集客のためにご利用いただきます。

参加商店街応援ビデオの日産スタジアム大型ビジョンでの放映スケジュールは以下の通りとなり、各試合のハーフタイムに放映いたします。

  • 4月3日(土)湘南ベルマーレ戦 久里浜商店会協同組合
  • 4月24日(土)横浜FC戦 横浜弘明寺商店街協同組合
  • 5月9日(日)ヴィッセル神戸戦 たまプラーザ駅前通り商店会
  • 5月22日(土)柏レイソル戦 大和駅周辺 すずらん通り商店会
  • 5月30日(日)清水エスパルス戦 中山商店街協同組合

このプロジェクトに際し、各商店街の代表は次のように述べています。
久里浜商店会共同組合会 理事長 森下守久 氏
「来年久里浜には横浜F・マリノスの練習拠点が整備されます。この機会を活用し、F・マリノスと共に私達の商店街を盛り上げてまいります。」

横浜弘明寺商店街協同組合 理事長 長谷川史浩 氏
「本プロジェクトに参加でき大変嬉しく思います。弘明寺商店街は活気と人情が溢れる下町の商店街です。この機会に、私共の商店街を知っていただき、たくさんのお客様にお越しいただけると幸いです。」

たまプラーザ駅前通り商店街 会長 小松礼次郎 氏
「この度、念願叶い、横浜F・マリノスと一緒にプロジェクトに取り組めることを非常に楽しみにしております。この取り組みを通じてたまプラーザ駅前通り商店街を知っていただき、お越しいただければ幸いです。」

大和駅周辺 すずらん通り商店会 会長 黒木正幸 氏
「私共商店会はこれまでもF・マリノスのフラッグを掲出するなどして応援してまいりました。この機会に更にご一緒できることが増え嬉しく思います。頑張れ、F・マリノス!」

中山商店街協同組合 理事 榊原英治 氏
「これまでも横浜F・マリノスさんとは数多くのイベントなどをご一緒させていただきましたが、この度の画期的な取り組みに参加できるのは大変楽しみです。これまで以上に横浜F・マリノスを応援してまいります。」

###

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドについて
米国預託株式(ADS)を米国 NASDAQ グローバル・セレクト・マーケット(NASDAQ:MLCO)に上場するメルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドは、アジア及びヨーロッパにおける統合型リゾート施設の開発・所有・運営を行う会社です。当社は、現在、マカオのタイパ地区にあるゲーミングホテル、アルティラ・マカオ(www.altiramacau.com)およびマカオのコタイ地区にある統合型都市リゾート、シティ・オブ・ドリームス(www.cityofdreamsmacau.com)を運営し、マカオのコタイ地区にある映画をテーマとした統合型のエンターテインメント、リテール、ゲーミング・リゾートであるスタジオ・シティ(www.studiocity-macau.com)の株式の過半数を所有するとともに運営しています。また、フィリピンでは当社子会社がゲーミング、ホテル、リテールおよびエンターテインメントを統合したリゾート施設、シティ・オブ・ドリームス・マニラ (www.cityofdreams.com.ph)を運営しています。ヨーロッパでは、キプロス共和国においてシティ・オブ・ドリームス・メディテレーニアン(www.cityofdreamsmed.com.cy)を現在建設中であり、ヨーロッパにおいて最大であり最もプレミアムな特定統合型リゾートになると期待されています。詳しくは、www.melco-resorts.com をご覧ください。

当社の筆頭株主は、ローレンス・ホーが率いるメルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドです。同社は香港証券取引所に上場しています。

横浜F・マリノスのトップパートナーとしての活動について
横浜F・マリノスは、神奈川県横浜市・横須賀市・大和市をホームタウンとする、Jリーグ・ディビジョン1に所属するプロサッカークラブです。マリノス(MARINOS)とは、スペイン語で「船乗り」を意味し、7つの海を渡り世界を目指す姿と、ホームタウンである国際的港町・横浜のイメージをオーバーラップさせています。これまでに4度のリーグ制覇など、Jリーグ発足時のオリジナル10として、実績・人気ともに国内屈指のクラブです。メルコリゾーツ&エンターテイメントジャパンは、2019年7月より、横浜F・マリノスの公式ユニフォーム鎖骨部分のトップパートナーとして、ハーフタイム時のユニフォームプレゼント抽選会や冠試合「メルコリゾーツ&エンターテインメントDAY」など、ファン、サポーターの皆様に楽しんでいただける企画やイベントを開催しています。また、クラブが注力するホームタウン/社会連携やアカデミー・スクールを中心とした普及育成事業への支援を通じて、スポーツで「夢」や「幸せ」に溢れる地域社会の実現に取り組む横浜F・マリノスの活動を全面的に応援しています。

(以下、参考資料:商店街について)
■久里浜商店会協同組合
ペリー黒船来航の地として知られる神奈川県横須賀市の京急「久里浜駅」前周辺の商店会6つを集めた連合商店会です。毎月中頃と月末の金曜日には黒船仲通りで黒船戸板市を開催し賑わいます。近くには、久里浜花の国があり、四季折々の花が楽しめます。2022年には久里浜に横浜F・マリノスのトップチームの練習拠点が整備されることも決まっており、これに向けて商店街ではアーケードにチームフラッグを掲出するなどし、全面的にマリノスを応援している商店街です。 

■横浜弘明寺商店街協同組合
横浜で一番古いお寺に続く門前ストリートに位置した商店街は、長いアーケードで繋がっている、駐車場も完備した全天候型の商店街です。活気と人情があふれ、昔の風情と未来への夢が行き交う商店街には約120店舗が加盟しており、暮らしの買い物から、グルメ探索、お参りついでの街歩きまで楽しめます。
また、弘明寺界隈は桜の名所としても有名です。大岡川沿いに咲く約500本の桜並木は、開花期間中ぼんぼりが吊るされ、ライトアップされる様子は息をのむ美しさです。

■たまプラーザ駅前通り商店会
横浜市最北の駅「たまぷらーざ駅」北口、イトーヨーカドー周辺に位置する105店舗が加盟する商店街です。98本の街路灯、2本のアーチ、46個のプランターで街の美化と安全安心を大切にしており、桜祭りや夏祭り、ハロウィンやイルミネーションなど、四季に合わせた地域交流イベントを例年開催しています。
※2021年の桜まつりは、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受け、開催中止。

■大和駅周辺 すずらん通り商店会
小田急線/相鉄線「大和駅」下車すぐに位置する82店舗が加盟する商店会です。小売店だからこそ出来る行き届いたサービスをモットーに家庭的な雰囲気が魅力の、ランチタイムから夜まで楽しめる商店街です。横浜F・マリノスの商店街フラッグを掲げるなどしてF・マリノスを応援しています。

■中山商店街協同組合
よこはま動物園ズーラシア・四季の森公園と緑の多い施設のターミナル駅である「中山駅」を中心に、南北に分かれて広い範囲に展開されている商店街加盟店舗数156店を有する横浜市でも最大規模の協同組合です。「スポーツストリート」として横浜F・マリノスを始めとするプロスポーツチームやスポーツセンターにより催し、盆踊り等の開催も多く、地域密着・地域に寄り添う商店街協同組合です。

関連記事

ページ上部へ戻る