ヒルトン横浜/「ヒルトン横浜」、2023年9月24日に開業決定

外観イメージ(左から「Kアリーナ横浜」、「ヒルトン横浜」、オフィス棟「Kタワー横浜」)

世界最大級の音楽アリーナ「Kアリーナ横浜」に隣接して誕生する横浜初進出のヒルトン、4月に宿泊予約受付開始

リリース発表日:2023年1月26日 10時00分

国内・海外に計35軒のホテルを展開するケン不動産リース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 繁)は、横浜・みなとみらいに誕生する「ヒルトン横浜」の開業予定日を2023年9月24日(日)に決定いたしました。宿泊予約の受付は、2023年4月より開始する予定です。

外観イメージ(左から「Kアリーナ横浜」、「ヒルトン横浜」、オフィス棟「Kタワー横浜」)外観イメージ(左から「Kアリーナ横浜」、「ヒルトン横浜」、オフィス棟「Kタワー横浜」)

「ヒルトン横浜」は、グループ会社である株式会社ケン・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役会長:佐藤 繁、代表取締役社長:中川 堅悟)が計画を進めている大規模複合開発『Kアリーナプロジェクト』のアリーナに隣接するホテル棟として誕生するものです。敷地内には約2万人を動員可能とする世界最大級の音楽アリーナ「Kアリーナ横浜」、ホテル棟の「ヒルトン横浜」とオフィス棟があり、街区全体の名称は「ミュージックテラス」となります。

ホテルを含むミュージックテラスは、横浜駅や横浜べイクォーターから川を挟んだ対岸のウォーターフロントに位置します。昼にはアリーナや街区全体が織り成す賑やかな雰囲気のなか、爽やかな海の景観をお楽しみ頂けるほか、夜には水面に横浜のまばゆい光が映る美しい景観を眺望いただけます。

ホテルへはJR「横浜駅」から徒歩9分(※現在計画中の歩行者デッキが完成した場合。完成前は徒歩11分)、みなとみらい線「新高島駅」からは徒歩5分でアクセスいただけます。さらに、羽田空港からも横浜駅まで電車やバスで約30分であるほか、ホテルから「みなとみらい駅」や「パシフィコ横浜」へも徒歩圏内で、観光にもビジネスにも至便の立地です。横浜初進出のヒルトンとして、国内外からのゲストをお迎えして参ります。

施設の特徴

  •  “YOKOHAMA Déco”をデザインコンセプトに、音楽の街・横浜における新たな大人の社交場へ

当ホテルは、日本ジャズ発祥の地として横浜が音楽の街たる原点ともなった時代に流行し、今も横浜の街並みを印象付けている建築様式「アール・デコ」のモチーフを、現代の横浜に再構築した“YOKOHAMA Déco”をデザインコンセプトにホテル全体を設計いたしました。

アール・デコは、NYのエンパイアステートビルなどに代表される建築様式で、1920年代にフランスで生まれ、西欧やアメリカで花開き、当時流行の最先端であったジャズ、ダンスやハリウッド映画などの都会のショービジネスの世界を反映したきらびやかな豪華さと、未来的なスタイリッシュさを特徴としています。横浜では、1923年の関東大震災の復興で再建された建築にアール・デコが用いられ、現在も神奈川県庁本庁舎などの歴史建築にその造形が多く見られます。同時代、アメリカから渡ってきたジャズが横浜で初めて演奏されたことから、横浜は“日本のジャズ発祥の地”と呼ばれるようになり、それ以来、日本の音楽シーンを牽引し続けています。その地に誕生し、さらなるエンターテイメントを発信していくこの場所で、その歴史を感じながら現代のエンターテイメントに酔いしれる、横浜の新たな“大人の社交場”となることを目指します。

アール・デコのデザインをモチーフとした カフェ・バーラウンジアール・デコのデザインをモチーフとした カフェ・バーラウンジ

光を反射するきらびやかな白や金、銀、黒というアール・デコの代表的な配色を用いたエントランス光を反射するきらびやかな白や金、銀、黒というアール・デコの代表的な配色を用いたエントランス

 

  • 横浜の景色が全面に広がる全339室の客室

スイートを含む全339 室の客室は、横浜の夜景に溶け込むシックで落ち着いた配色に、アール・デコの特徴的な装飾やデザインを配置したしつらえ。全室に足下まで全面に広がる窓を備え、窓際に立つと、まるで横浜の夜景の中に浮かんでいるかのように感じる造りです。客室で過ごしていてもなお、ウォーターフロントの美しい街や音楽の余韻に浸るひとときをお楽しみいただけます。

大きな窓から横浜のシティビューを眺望するゲストルーム大きな窓から横浜のシティビューを眺望するゲストルーム

  • 横浜や風を感じるテラスやライブラリスペースも備えるエグゼクティブラウンジ

スイートルームなどハイカテゴリーの客室にご宿泊のお客様専用のエグゼクティブラウンジは、目の前に横浜の美しい景色が広がる5階に位置。ラウンジにはダイニングスペースだけでなく、ゆとりあるライブラリスペースと横浜の海や風を感じるテラス席の3つのスペースがあり、思い思いの時間を過ごせる、ホテルの中でもゆとりに溢れた特別な空間です。空と海を眺めながら本を片手に楽しむ優雅なアフタヌーンティー、赤く染まる夕刻の空を眺めながらのカクテルタイムなど、上質なひと時をお楽しみいただけます。

スイートやハイカテゴリー客室にご宿泊のゲスト専用のエグゼクティブラウンジスイートやハイカテゴリー客室にご宿泊のゲスト専用のエグゼクティブラウンジ

 

  •  イノベーティブな2つのレストランと、ボトルタワーがそびえるカフェ・バーラウンジ

館内にはスペシャリティレストラン、ビュッフェスタイルのオールデイダイニングとカフェ・バーラウンジの3種類のレストラン&バーを開設。レストランでは地元神奈川の食材をはじめとする各地の厳選食材を使った逸品をご提供。カフェ・バーラウンジは横浜の美しい夜景を背景に天高のボトルタワーがそびえる、大人な空間をご提供します。

ボトルタワーがそびえるカフェ・バーラウンジボトルタワーがそびえるカフェ・バーラウンジ

 

  • 宴会・会議室、フィットネス、ショップなど多彩な施設で様々なニーズにも対応

ホテルの4階には宴会・会議室を設けており、研修や宴会にも対応。館内には最新設備を配置したフィットネスや厳選された商品を揃えたショップなどもご用意し、宿泊ゲストの様々なニーズにお応えします。

 

  • ホテル計画概要

名称   :ヒルトン横浜 ※『Kアリーナプロジェクト』の一部
所在地  :神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目2番2他
階数/高さ  :地上26階、地下1階 / 地上約100メートル
客室数  :全339室
設備   :レストラン3店舗 (スペシャリティレストラン、オールデイダイニグ、カフェ・バーラウンジ)、
      エグゼクティブラウンジ、フィットネス、ショップ、宴会場 など
開業予定日: 2023年9月24日(日)
※上記は現在の計画で、今後予定なく変更する場合があります。

ケン・コーポレーショングループ / ケン不動産リース株式会社について
株式会社ケン・コーポレーションは1972年に創業し、外資系企業の社員や経営者などエグゼクティブ向けの高級賃貸事業を皮切りに、現在は総合不動産事業を展開。関連会社約70社、従業員数約6,000名から成るケン・コーポレーショングループを形成し、不動産事業に加え、ホテル事業・太陽光事業・エンタテインメント等の文化事業を手掛けています。
現在、ホテルは35軒(国内26軒、海外9施設)、約8,900室を所有・運営。グループ会社であるケン不動産リース株式会社が事業を担い、ホテルグループ名を「プレミアホテルグループ(Premier Hotel Group)」として展開。自社ブランドのみならず外資系ブランドなどマルチブランドを、自社運営を軸に展開しており、当ホテルもヒルトンとフランチャイズ契約を締結し、自社で運営するものです。
「ヒルトン横浜」はグループ36軒目のホテルとなり、ヒルトンとの提携はグアムに続き2軒目となります。
グループ公式サイト:https://www.kencorp.co.jp/
ホテル事業: https://premierhotel-group.com/

「ヒルトン横浜」のスタッフの採用募集も開始いたしました。
詳細:https://yokohama-recruit.premierhotel-group.com/

ヒルトン・ホテルズ&リゾーツについて
ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは、ホスピタリティの手本となるべく、進化し続けるお客様のニーズに応えるような革新的な商品・サービスを提供し続けています。ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは、宿泊先にこだわるお客様に、世界6大陸の人気の滞在先で600軒以上のホテルを展開しています。ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのご予約は、公式サイト(https://hiltonhotels.jp/)または業界をリードするヒルトン・オナーズのモバイルアプリから。ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員には、すぐに利用できる特典をご用意しています。
最新の情報はこちらをご覧ください。
https://stories.hilton.com/brands/hilton-hotelshttps://www.facebook.com/Hilton/https://www.twitter.com/HiltonHotelshttps://www.instagram.com/hiltonhotels/

関連記事

ページ上部へ戻る