/SQUEEZE、JR東日本スタートアップと資本業務提携を締結。

リリース発表日:2021年5月20日 14時00分

JR東日本グループとの連携を強化し、JR東日本グループの保有不動産のDX推進及び、移動(MaaS)と宿泊(ホテル)を連動させた新しいゲスト体験の創出を目指す。
株式会社SQUEEZE(以下、「当社」)は、JR東日本スタートアップ株式会社(以下「JR東日本スタートアップ」)と資本業務提携を締結し、第三者割当増資を実施しました。今回の資本業務提携によりJR東日本グループとの連携を強化し、当社のもつクラウド型ホテル経営のノウハウ提供を通じて、JR東日本グループが保有するホテルをはじめとする不動産のDX推進や、交通利用と宿泊体験をシームレスに連動させると同時に、両者のデータを活用した新しいゲスト体験の創出を目指します。

【資本業務提携の背景】
当社はJR東日本スタートアップ社が運営する『JR東日本スタートアッププログラム2020』への採択を通じて、昨年末よりJR東日本グループが保有する宿泊施設における非対面チェックイン(モバイルチェックイン)の実証実験などを重ねてまいりました。その結果を評価いただき、今後JR東日本グループが保有するホテルや商業施設、土地などの効率的な活用を目的とした包括的な取組みを進めていくため、今回の資本業務提携に至りました。

新型コロナウイルスによって、ニューノーマルに対応した移動・宿泊業界は抜本的な変化を余儀なくされる状況に追い込まれ、非接触・非対面のオペレーションはもちろん、大きな市場変動の影響を受けつつも、固定費負担が重い利益構造を業務効率化や省人化への取組みにより、抜本的に変革し、継続性の高いビジネスモデルを確立することが必須となっています。当社が強みとしているクラウド型ホテル経営においては、自社開発の運営システム「suitebook」を利用し、モバイル完結、キャッシュレス、キーレス(カードキーの受け渡しなし)などによる、フロントの無人化も実現しています。
また、海外子会社である「SQUEEZE Asia Co.,Ltd」により、無人でありながらもホスピタリティ高いゲスト対応を実現しております。 加えて、両者のもつノウハウ・データを掛けわせ、これまでに無い新しい移動・宿泊体験も創造していきます。

【これまでの取組み実績】
■前回のプレスリリース(2020.11.6)
SQUEEZE、JR東日本グループと「ホテル運営のデジタル・トランスフォーメーション」の加速を目指す。
https://squeeze-inc.co.jp/archives/495/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000095.000015235.html

■『JR東日本ホテルメッツ福島』様での実証実験

『JR東日本ホテルメッツ福島』様での実証実験の様子『JR東日本ホテルメッツ福島』様での実証実験の様子

 
【今後のJR東日本グループとの取組み予定について】
当社のもつスマートホテルの運営ノウハウと、JR東日本グループのもつ不動産や顧客網を掛け合わせ、移動から宿泊までの体験価値の向上を目指すとともに、DXの推進スピードの更なる向上を目指していきます。

<取組みの一例>
・既存ホテルのDX推進(フロント省人化やゲストデータの取得・活用など)
・駅周辺の狭小土地の活用(コンパクトホテル、ステーションベッド構想など)
・移動と宿泊を連動させた新規事業(交通機関の利用とホテル運営の連携など)

 
【JR東日本スタートアップからのコメント】

代表取締役社長 柴田裕 氏

新しい宿泊体験の創造にチャレンジするSQUEEZEと舘林さんを全力で応援します。
いま、観光・宿泊業界は大変な逆風を受けていますが、それでも人生を豊かにする旅と移動を決して止めてはなりません。
SQUEEZEがチャレンジするホテル事業のDX及びスマートホテルは、新しいホテルのカタチとして、ゲスト・ホテル事業者ともに大きなメリットをもたらすものです。さらに、JR東日本グループの持つホテル運営ノウハウやMaaS分野との連携を推し進めることで、新しい時代の観光・宿泊を切り拓くものと確信しています。
SQUEEZE×JR東日本で、新しい時代のホテルを社会に創り届けましょう!

 

左から、JR東日本スタートアップ隈本、SQUEEZE森椙、SQUEEZE 代表取締役CEO舘林、JR東日本スタートアップ代表取締役社長 柴田

【本プレスリリースに関してのお問合せ先】
株式会社SQUEEZE 社長室・広報担当
pr@squeeze-inc.co.jp

■JR東日本スタートアップ株式会社について

設立月:2018年2月
本社所在地:東京都港区高輪2-21-42 TokyoYard Building 6・7F
代表者:柴田 裕
資本金(出資枠):50億円
URL:https://jrestartup.co.jp/
事業内容:事業シーズや先端技術の調査・発掘、ベンチャー企業への出資及びJR東日本グループとの協業推進

 
■株式会社SQUEEZEについて

設立月:2014年9月
本社所在地:東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル3階
代表者:舘林 真一
資本金:2,267,120千円(資本準備金を含む)
URL:https://squeeze-inc.co.jp/
事業内容:遊休不動産・宿泊施設に対するソリューション事業およびスマートホテル事業

 SQUEEZEは、「空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになる」という企業ビジョンのもと、2017年にホテル・民泊などの宿泊事業者向け運営SaaSである「suitebook」の提供を開始。ソリューション事業として、スマートロック販売事業や宿泊施設のデータ分析など、顧客が必要とするあらゆるサービスをワンストップで提供できる体制を整備してまいりました。また、スマートホテル事業として「Minn – ミン」、「Theatel – シアテル」というブランドのもと、直営ホテルも展開しております。自社ソリューションを用いた次世代クラウド型宿泊施設の企画・運営を通し、宿泊産業のデジタル・トランスフォーメーションを目指してまいります。

関連記事

ページ上部へ戻る