/鋳物の能作、地産地消プロジェクトを始動 富山県産食材を錫の器で提供

五十嵐美幸シェフ考案 はなびら茸を使った中華風ピリ辛ちらし寿司

リリース発表日:2021年4月30日 11時51分

錫の「曲がる器」で知られる鋳物メーカー、株式会社能作(本社:富山県高岡市、代表取締役社長:能作克治)は、富山県産食材を能作の錫の器で楽しむ「能作 地産地消プロジェクト」を始動いたしました。第一弾として、中華料理の女性料理家・五十嵐美幸シェフ監修のもと、株式会社森の環(本社:富山県高岡市、代表取締役:春日勝芳)が生産するはなびら茸を使用したメニューを能作本社工場併設カフェにて4月29日(木)より期間限定で提供しています。
  • 富山の食材を能作の器でぜひ味わってみて

採れたての食材と、こだわりの器。それぞれの作り手の想いに命を吹き込む料理人。
富山県は、自然豊かで海や山の幸に恵まれた食材の宝庫です。
近年、食への安全・安心や健康、食育に対する関心が高まりを見せるなか、「富山県内の美味しい食材を広く知っていただきたい」、「地域で生産された食材や生産者を広く紹介することで、それらに対する理解を深めていただきたい」という想いから、富山県産食材を主役に、特別監修メニューと能作の錫の器がコラボレーションした新プロジェクトの第一弾を4月29日(木)より始動いたしました。

本企画では、能作本社工場併設のカフェIMONO KITCHEN(イモノキッチン)にて、県内の生産者の食材を使用した特別メニューを能作の錫の器で提供します。以前から産業観光事業に力を入れてきた弊社の発信力を活用することで、県内外からのお客様に向けて、能作の錫の器とともに生産者・食材のPRを行なうことを目的としています。

五十嵐美幸シェフ考案 はなびら茸を使った中華風ピリ辛ちらし寿司五十嵐美幸シェフ考案 はなびら茸を使った中華風ピリ辛ちらし寿司

中華料理界の女傑 五十嵐美幸シェフ中華料理界の女傑 五十嵐美幸シェフ

  • 第一弾 五十嵐美幸シェフ監修 一流の料理人が手がけた富山県産はなびら茸メニュー

プロジェクトの第一弾として、フジテレビ『料理の鉄人』や『セブンルール』など数々のメディアにも出演し、食育活動など多方面で活躍中の五十嵐美幸シェフ監修、はなびら茸を使用したメニューを2021年4月29日(木・祝)から5月30日(日)の期間中、併設カフェIMONO KITCHEN(イモノキッチン)にて提供しています。

数々の有名シェフもその腕を認める五十嵐シェフが監修したのは、「中華風ピリ辛ちらし寿司セット」と「中華風氷見うどんセット」の2つのメニューです。
「中華風ピリ辛ちらし寿司セット」は、カラフルで春らしいちらし寿司と、はなびら茸の中華スープ。豆板醤でピリ辛に和えた富山県産いみずサクラマスやイクラがアクセントになっています。「中華風氷見うどんセット」は、中華スープベースにはなびら茸や牛肉、玉ねぎをたっぷり入れ、麺は昔ながらの手延べ製法で作られた富山名物氷見うどんを使用しています。
今回、五十嵐シェフはメニュー監修だけでなく、そのメニューに合う能作の錫の器もセレクトし、錫の器で味わう中華料理を提案しました。

はなびら茸をたっぷり使った中華風氷見うどんセットはなびら茸をたっぷり使った中華風氷見うどんセット

  • 地産地消プロジェクト記念イベントでは食育活動も

期間中、IMONO KITCHENでは乾燥はなびら茸も販売しており、五十嵐美幸シェフ考案のレシピと共にお持ち帰りいただけます。
初日の4月29日(木・祝)には記念イベントとして、子どもたち向けのきのこ狩り体験や、施設内に隠れている錫製きのこのオブジェを探すアクティビティを通じた食育活動、ガラポン抽選会などを開催し、大勢の人でにぎわいました。
当日は、五十嵐美幸シェフと能作社長によるトークセッション「料理と器の魅力」を開催予定でしたが、東京都等4都府県における緊急事態宣言発令を受け、中止いたしました。
 

能作の錫の器やはなびら茸の当たるガラポン抽選会能作の錫の器やはなびら茸の当たるガラポン抽選会

キノコ狩り体験。摘んだしいたけはそのままお持ち帰り。キノコ狩り体験。摘んだしいたけはそのままお持ち帰り。

錫製きのこオブジェを探すアクティビティ錫製きのこオブジェを探すアクティビティ

初日の13時過ぎには両メニューとも完売初日の13時過ぎには両メニューとも完売

 

  • 企画者 株式会社能作 専務取締役 能作千春のコメント 

能作本社には、産業観光事業の一貫として、来館者様が自由にお持ち帰りいただける「観光カード」のコーナーを設け、富山県内のおすすめの飲食店や宿泊先、レジャースポットなどを紹介しています。なぜなら、当社が富山観光のハブとなり、県内の魅力を広く発信していきたいと考えるからです。

食材も料理も錫の器も、業界は違いますが、良いものを生み出して消費者に喜んでもらうという「ものづくり」の共通点があり、その舞台裏にあるつくり手の匠の技、商品にかける情熱は一致します。

新型コロナウィルスの感染拡大で発信やPRが難しい中だからこそ、横のつながりを大切にし、結束して発信することで、それぞれの魅力がより伝わりやすくなると考えています。これからも地場産業に携わる能作としてできることを模索していきたいと考えています。

能作の社員が実際に取材して作成した観光カードは約200種類能作の社員が実際に取材して作成した観光カードは約200種類

 

  • 企画概要

 ・企画名           能作 地産地消プロジェクト第一弾 中華料理界の女傑・五十嵐美幸シェフ監修 錫の器で楽しむ「富山県産 はなびら茸」
・特別メニュー 1,500円(税込)~
・期間              2021年4月29日(木・祝)~5月30日(日)
 

  • 第一弾コラボレーション料理家・五十嵐美幸シェフ

1974年 東京都東村山生まれ。1997年 フジテレビ『料理の鉄人』に、当時最年少挑戦者として出演。一躍「中華料理界の女傑」と注目を集める。その他にも、全国での食育活動、地方町おこしプロジェクトの参加(商品開発)、海外における日本の中国料理の普及、など活動は多岐に渡る。五十嵐美幸オフィシャルウェブサイト:https://www.miyuki-igarashi.info/
 

  • 第一弾コラボレーション生産者・株式会社 森の環(もりのわ)

1967年設立、富山県高岡市に本社を置き、はなびら茸や椎茸などの菌床きのこを生産・販売している。(代表取締役:春日勝芳)ウェブサイト:https://morinowa.co.jp/
 

  • 会社概要

会社名:株式会社能作
代表取締役社長:能作克治
本社所在地:富山県高岡市オフィスパーク8‐1
創業:1916年
業種:錫(すず)や真鍮(しんちゅう)鋳物の製造・販売
お問い合わせ:0766-63-5080
URL:http://www.nousaku.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/nousaku1916/
Instagram:https://www.instagram.com/nousaku_official/

―能作は、技術と素材を最大限に生かすデザインを探求し続け、富山県高岡の地で人に愛され、地域に誇れるものづくりを目指します。―

関連記事

ページ上部へ戻る