サンシャインシティ/いきものディスカバリー通信vol.6 カリフォルニアアシカ

いつでも、どこかで“何かが起きている”サンシャイン水族館がお届け!水族館&いきものを深堀り!発見がいっぱい!

リリース発表日:2021年10月29日 11時00分

サンシャイン水族館初誕生のカリフォルニアアシカの仔の名前が“チャパ”に決定!
計2,169票のご投票ありがとうございました!名称決定を記念して、「ショップ アクアポケット」のいきも~るブースで限定アシカグッズを販売中!!
※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→https://prtimes.jp/a/?f=d20364-20211028-8248a7781a68e38576afd27393e00b9a.pdf

サンシャイン水族館(東京・池袋、館長:丸山克志)では、2021年5月9日(日)に、サンシャイン国際水族館として1978年に開館して以来初めてとなるカリフォルニアアシカの赤ちゃんが誕生しました。
その後、サンシャイン水族館スタッフが絞った赤ちゃんの名前候補3つ(ゴクウ・チャパ・サン)の中からお客様の投票で名前を決める「アシカの仔名前投票」を実施し、計2,169票のご投票をいただき、この度名前が「チャパ」に決定いたしました。

本通信では、名前に込められた想いや、これまでのチャパの成長記録、そしてカリフォルニアアシカの生態やアシカがおかれている現状についてご紹介します。また、「ショップ アクアポケット」のいきも~るブースでは、名称決定を記念して限定グッズを販売しています。

<カリフォルニアアシカの「チャパ」プロフィール>
2021年5月9日生まれ オス
体重:29.5㎏(10/21現在)
父親:チャップ(11才) 母親:パコ(12才)

名前に込められた想い・・・
チャップとパコの間に初めて産まれた赤ちゃん。両親の頭文字を取って。チャップのように優しく、パコのように好奇心旺盛なアシカに育って欲しいという願いを込めて。

見た目の特徴・・・
色はかなり黒く、乾いている時はこげ茶です。日に日に大きくなってきていて、可愛さは残るものの凛々しい佇まいです。

性格・・・
まだまだ甘えん坊。お母さんが行くところどこでもついていきます。ホースや氷が大好きで、飼育スタッフが掃除をしているとホースの水でとても楽しそうに遊びます。

特技・得意なこと・・・
飼育スタッフのハートをつかむ。掃除の邪魔をする。ホースを咥えて振り回す。お母さんの背中に乗る。特徴的な声で鳴く。急に全速力で走る。

サンシャイン水族館飼育スタッフ アシカ担当 小倉 知恵子サンシャイン水族館飼育スタッフ アシカ担当 小倉 知恵子

【飼育スタッフだけが知る「かわいいポイント」】
・常に母親のそばを離れない、甘えん坊な所。
・スタッフの鍵や無線のコードがお気に入り。しゃがんで作業している姿に気が付くと、真っ先に飛んできて鍵やコードをいたずらし始める所。
・氷を与えると、くわえてプールに持ち込み、楽しそうに一人遊びしている所。
【飼育スタッフだけが知るマル秘エピソード】
週2回の体重測定がとにかく大変。母親の体重を測りたいのに仔がついてきてしまい、一緒に体重計に乗ってしまう。母親にべったりで正確な数値が読めない。逆に仔の体重を測ろうとすると今度は全然乗ってくれない。空気を読んでくれない・・・(涙)
可愛い表情を収めようとカメラを構えると近づいてきてしまい、ピントが合わない。かと思えば急にカメラを警戒しお尻を向けてしまう。空気を読んでくれない(2回目)・・・(涙)

  • 飼育スタッフが解説!“チャパ”成長記&母親“パコ”の仔育て奮闘記

生後半年。そろそろ離乳の時期を迎えエサを食べるようになります。左:仔チャパ 右:母親パコ生後半年。そろそろ離乳の時期を迎えエサを食べるようになります。左:仔チャパ 右:母親パコ

●母親側の仔育ての仕方の変化・奮闘ぶり
初産のパコですが、それを微塵も感じさせない仔育てぶりを発揮。仔が鳴くとすぐに様子を見に来る姿に感心しました。現在も全力で育ててくれていますが、当初に比べると母仔ともにリラックスした様子で、のんびり暮らしています。

●母仔の体重や摂餌量の変化
授乳量が多く仔がぐんぐん成長している時期には、母親が瘦せてしまわないよう、エサの量を増やしました。しかし、それでもまだ食べたいとエサバケツに顔を突っ込まれることもしばしば・・・

●観察からわかったこと
仔が日に日に成長する姿を間近で観察し、歯の生え始める時期、赤ちゃん期の体毛が生え変わる時期、鳴き声の変化(生まれた直後~現在)などの記録を取ることができました。

●成長記録から分析できること
生まれてから2か月はぐんぐん成長し、体重は約2倍に。1週間で1㎏ずつ、体重増加していた時期もありました。
 

カリフォルニアアシカ チャパの体重変化カリフォルニアアシカ チャパの体重変化

 

  • サンシャイン水族館館内2階「ショップ アクアポケット」のいきも~るブースで販売

親子アシカ柄 ランチマット巾着ポーチ付 2,750円親子アシカ柄 ランチマット巾着ポーチ付 2,750円

親子のアシカに、パフォーマンスで使うフープやボール、アシカのごはんであるアジやサバやイカなどをカラフルにデザインしました。

アシカ柄ガーゼスタイ 1,650円アシカ柄ガーゼスタイ 1,650円

かわいくて!かっこいい!綿100%でお肌にやさしいバンダナ型のスタイです。

「作家:Shima.shima」
いきもの特化型ネットショップ「いきも~る」 https://ikimall.ikimonopal.jp/
 

  • 名前決定を記念して…チャパがデザインされた年間パスポート(カード型)の販売が決定!

12月17日(金)~※数量限定のため無くなり次第終了

大人4,800円 こども2,400円 幼児1,400円大人4,800円 こども2,400円 幼児1,400円

  • タリーズコーヒー サンシャイン水族館店

アクアリウムココア チャパver. 693円アクアリウムココア チャパver. 693円

チャパをモチーフにデザインしたココアを販売。名前入りで可愛らしくデザインされていますので水族館での一息にぜひ。(2022年1月31日(月)までの限定販売)
 

  • “チャパ”の成長&育児の様子はYouTube&Twitterでも配信中!

 

YouTube「サンシャイン水族館公式チャンネル-Sunshine Aquarium-」
https://www.youtube.com/user/SunshineAquarium
Twitter「サンシャイン水族館」
https://twitter.com/Sunshine_Aqua

 

  • アシカってどんな生き物?

アシカはネコ目アシカ科の海生動物の総称。
アシカの仲間はオットセイやトドを含めて世界中で14種類!
水中では時速25~30kmほどのスピードで泳ぎ、潜水も得意です。
泳ぐときに使う前肢は自分の体重を支えられるほど強く、陸生動物同様四肢を使って歩行、地上でもダイナミックな動きを披露することができます。

アシカの繁殖は一夫多妻制です。
野生下では繁殖に適した限られた陸地をめぐってオス同士が激しく競争し繁殖集団を作るため、一般的にメスよりもオスのほうが大きい体になります。
繁殖期になると、オス1頭で約30頭のメスや仔を引き連れ、「ハーレム」と呼ばれる群れを作ります。
5~6月頃に交尾を行い、約1年の妊娠期間を経て、メスは陸上で1頭の子供を生みます。
メスはエサを食べながら約1年にわたって授乳を続け、仔育てをします。

アシカの体の特徴
アシカは、全体的につるっとしていますが、四肢の末端を除いて全身に毛が生えています。
小さな耳たぶのように見える耳介(じかい)があり、正面から見ると両側に飛び出た耳が見えます。
後肢を前方に曲げることができ、上半身を起こし、前肢で体を支えることができます。
水中では、前肢を羽ばたかせるようにして泳ぎ、陸上では四肢を使って歩きます。

~サンシャイン水族館で出会えるアシカたち~

カリフォルニアアシカカリフォルニアアシカ

★カリフォルニアアシカ
カリフォルニアアシカは北アメリカ西岸に分布し、オスは体重約270kg、メスは約90kgまで成長します。
かつては日本の沿岸にもニホンアシカと呼ばれる種類のアシカが生息していましたが、アシカ猟での乱獲が進み、絶滅したといわれています。

オタリアオタリア

★オタリア
オタリアは、南アメリカの西海岸と東海岸に生息しています。
オスは体重約300kg、メスは約150kgと、カリフォルニアアシカに比べて大きめ。
鼻先が太くて短く、やや上向きであること、全体的にがっしりとしたたくましい体つきであることも、見分ける際のポイントです。
 

  • アシカの現状と種の保存のための「ブリーディングローン」

チャパの父親であるチャップは、2011年に上野動物園からブリーディングローン*でやってきました。
現在、カリフォルニアアシカは野生下において安定した数生息している状況ですが、野生生物保護の気運の高まりから、野生から個体を入手することは難しくなっており、飼育展示の個体数や遺伝的な多様性をこのまま維持することは厳しくなってきます。
よって国内外飼育施設内での繁殖を進めない限り、数が減少する一方であるため、国内外飼育施設同士で連携を図り、種の保存をおこなっていくことが必須となっています。

*ブリーディングローンとは・・・
希少な動物を絶やさず増やしていくために、動物園や水族館同士で動物を貸し借りする制度。協力して種の保存を実行する繁殖を目的とした動物貸与。
全国の動物園や水族館では種の保存のため日々努力をしていますが、それぞれの園館だけで増やしていくことはとても難しく、血統的にも偏りが生まれます。
そこで、ブリーディングローンによって希少動物の繁殖の機会を増やすという取り組みを、全国の動物園水族館間で実施しています。
このような活動は、希少な動物は個人や動物園・水族館の持ち物ではなく、世界共通の財産であるという考えに基づいており、JAZA(日本動物園水族館協会)の種保存事業にも位置付けられ推進されています。
実際にブリーディングローンの実施により、希少動物のペア飼育や群飼育が進み、たくさんの動物が繁殖に成功しています。

サンシャイン水族館ではカリフォルニアアシカの繁殖計画を進めており、2020年11月には海遊館より、メスのカリフォルニアアシカ「ミライ」を搬入しています。

水族館の役割とは
JAZA(日本動物園水族館協会)は動物園水族館には、「種の保存」「教育・環境教育」「調査・研究」「レクリエーション」という4つの役割があるとしています。
絶滅の危機にある野生生物を保全するためにも、生き物の生息域外(水族館施設など)にて保全・飼育研究を進めることは、水族館の使命の一つであると言えます。

※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→https://prtimes.jp/a/?f=d20364-20211028-8248a7781a68e38576afd27393e00b9a.pdf

いきものディスカバリー通信 次号もお楽しみに!

※画像はイメージです。 ※金額はすべて税込です。
※サンシャイン水族館ではお客様に安心してご来館いただくため、新型コロナウイルス感染症拡大防止に努めております。ご来館の際には、ご理解とご協力をお願いいたします。詳しくはサンシャイン水族館  ウェブサイトをご確認ください。https://sunshinecity.jp/aquarium/news/entry-14803.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■サンシャイン水族館 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:10:00~18:00 (秋冬)、9:30~21:00(春夏)※最終入場は終了1時間前 ※変更の場合あり
入場料:大人(高校生以上)2,400円、こども(小・中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円
問合せ先:サンシャイン水族館 03-3989-3466 https://sunshinecity.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

ページ上部へ戻る