自然にときめくリゾート 休暇村/11月6日は越前がに漁解禁! 越前がにを贅沢に使った1日限定30食「真選コース」販売開始

黄色のタグが目印の「越前がに」

〜食べた後のかに殻も大切にリサイクル、「食育」でも注目【休暇村越前三国】

リリース発表日:2021年11月5日 09時00分

福井県の北部、景勝地・東尋坊で知られる坂井市にあるリゾートホテル「休暇村越前三国」(所在地:福井県坂井市三国町崎15-45 総支配人:本村隆行)は、11月6日(土)の越前がに漁解禁に合わせ、1日限定30食・越前がにを1人前1.5杯食べられる「真選コース」を11月7日(日)より販売します。

黄色のタグが目印の「越前がに」黄色のタグが目印の「越前がに」

◆タグ付きブランドがにの最高峰「越前がに」
「越前がに」とは福井県の三国港・越前港・敦賀港・小浜港で水揚げされるズワイガニのことで、その歴史は古事記まで溯り、安土桃山時代にはすでに「越前蟹」の表記が見られます。中でも、三国港で水揚げされる越前がには、日本で唯一1922年から続く皇室献上が認められたズワイガニです。水揚げされた港で取り付けられる黄色いタグは、歴史ある「越前がに」を守り続ける本物の証で、農林水産省が進めている「地理的表示保護制度(GI)」にも登録されています。               
越前がに漁期:11月6日~3月20日 

越前がに漁・タグの取り付けの様子越前がに漁・タグの取り付けの様子

                             
◆食べ終わったかに殻も大切にリサイクルし、再び食卓へ ~「かに殻米」~
冬期シーズンに休暇村でご提供するかにの数は20,000杯にもなり、大量の「かに殻」が出ます。休暇村越前三国では2008年より、その「かに殻」を専用のバケツに集め、地元農家にお渡しています。かに殻を乾燥させ、チッパーと呼ばれる粉砕機に通して5mm角ぐらいに砕きます。砕かれたかに殻は、お米や野菜を育てる肥料として使用しています。カニ殻には植物の生育に欠かせないといわれる窒素・カリウム・リンがバランスよく含まれており、かに殻を肥料として育てたお米は、美味しい一等米コシヒカリとして休暇村越前三国の売店で販売(2kg1,080円)しています。
 

肥料として使用される「かに殻」肥料として使用される「かに殻」

契約農家の林治巳さんグループにかに殻をお渡ししています契約農家の林治巳さんグループにかに殻をお渡ししています

休暇村の売店で販売している「かに殻米」休暇村の売店で販売している「かに殻米」

米の他、トマトやブロッコリーなどの肥料にも使われています米の他、トマトやブロッコリーなどの肥料にも使われています

◆1日限定30食「越前がに 真選コース」
活蟹を贅沢に1.5杯使用。最高の海の幸をお召し上がりいただけます。
 提供期間   2021年11月7日(日)~2022年3月21日(月)
 料  金  45,000円(税込・入湯税別)
       ※平日和室2名1室利用時の1名様料金、※12/28~1/10はプラン除外日
<お品書き>
  〇越前がに 活蟹の姿ゆで(約450g・ゆでたてをご提供)
  〇花咲く活蟹刺身
  〇活蟹の天婦羅とかに唐揚げ
   炭火焼きがに/かに味噌豆腐の甲羅焼き/かにすき鍋/かに雑炊
   ※〇印は越前がにを使用しています

越前がに 真選コース越前がに 真選コース

姿ゆでは茹でたてをご用意します(実際はタグ付き))姿ゆでは茹でたてをご用意します(実際はタグ付き))

◆休暇村越前三国
東尋坊から車で約5分。日本海沿いの高台に位置するリゾートホテル。広大な芝生広場が広がり、全客室、レストラン、ロビー、露天風呂から日本海が眺められます。
 所在地:〒913-0065 福井県坂井市三国町崎15-45
 総支配人:本村隆行
 TEL:0776-82-7400
 URL:https://www.qkamura.or.jp/echizen/

◆新しい旅のスタイル‟ゼロ密のリゾート“を目指した取組み
お客様、従業員、関係者など皆様の安全・安心を第一に、‟ゼロ密のリゾート“を目指し日々取り組んでまいります。

休暇村公式サイト内 特集ページ https://www.qkamura.or.jp/campaign/zero/

◆自然にときめくリゾート 休暇村
日本の景色を代表する国立公園・国定公園など優れた自然環境の中にあるリゾートホテル。35か所ある休暇村は、「自然にときめくリゾート」のコンセプトのもと、地元の食材を活かした料理や、地域の自然、文化、歴史とのふれあいプログラムなど、その土地ならではの魅力にふれる場を提供し、すべてのお客様に心が自然にときめくひとときをお届けします。

関連記事

ページ上部へ戻る