ニキシモ/「超えてゆく人/掛井五郎」展

掛井五郎「A man」ブロンズ、1991年

アートビオトープ那須・スイートヴィラとギャラリー册で開催

リリース発表日:2021年3月18日 18時22分

アートビオトープ那須(栃木県那須町)では、2021年6月4日(金)から2022年5月31日(火)まで、彫刻家・掛井五郎氏の展覧会「超えてゆく人/掛井五郎展 変成作用Ⅱ」展を開催します。また、2021年4月18日(日)から5月22日(土)まで、関連企画としてギャラリー册(東京都千代田区)で「超えてゆく人/掛井五郎展 変成作用Ⅰ 生きているものはすべてメタモルフォーゼします。(ゲーテ)」展を開催します。

掛井五郎「A man」ブロンズ、1991年掛井五郎「A man」ブロンズ、1991年

思いがけないご縁で、彫刻家の掛井五郎さんの展覧会を開催するはこびとなりました。
九十歳の掛井さんは、マエストロのメチエを手にしながらも、それを運動の制約とはしないで、さらに新しいことに挑戦し続ける稀有の作家です。ブロンズや鉄という不服従の素材を用いながら、しなやかな可塑性を造形する秘法は、ほかに例を見ないものです。「生まれながらの描線の確かさ、大人でありながら子供の描線を有していること」と評された天性の資質が、老いることのない創造力の源泉となっているのだと思います。
厖大な作品群は、生きることの讃歌でありながら、死者を哀悼するエレジーであり、権力というものへのプロテストでもあるという、重層的なテクストとして解読できます。
なににも囚われることのない奔放なまでの変貌ぶりは、いつも美術界を震撼させてきました。その果敢さ、その清冽なポエジー、その実存的な哲学、その造形の自由・・・、コロナ禍で打ちひしがれた心を、根底から揺さぶり、奮い立たせてくれることを願って企画した展覧会です。
作品は、敷地内の戸外、レストランμに展示されるほか、スイートヴィラ内の展示空間に陳列されます。
奇しくも6月5日がマエストロの91歳の誕生日となり、記念してのイヴェントも予定しています。
なお、九段下のギャラリー冊では4月18日~5月22日まで、関連企画として、掛井さんの多彩な作品のエッセンスを抽出した展示を予定していますので、併せてご覧ください。

 【掛井五郎 プロフィール】
1930年静岡生まれ。東京芸術大学彫刻専攻科卒。新制作協会を中心に活動して、1982年に高村光太郎賞、92年に中原悌二郎賞受賞などを受賞しました。驚くべき創造力で、素材も、モチーフも、テーマも、自由に超えてゆく作品を生み出して、今もその手は止まりません。

―展覧会概要―
展覧会名称:「超えてゆく人/掛井五郎展 変成作用Ⅱ」
会期:2021年6月4日(金)~2022年5月31日(火)
会場:アートビオトープ那須(栃木県那須郡那須町高久乙道上2294-3)
http://www.artbiotop.jp/
協力:一般財団法人掛井五郎財団
※6月4日(金)のみ、全室一般公開いたします。6月5日(土)以降の客室内展示はスイートヴィラ宿泊者のみご覧いただけます。

■オープニング記念イベント■
6月4日(金)
参加費:12,000円(税別)(ランチビュッフェ、1日観賞券、トーク参加費、水庭自由散策を含む)
| オープニングトーク 11:30~13:00
| ランチビュッフェ  13:00~14:30
 

掛井五郎 「都市東京-X」版画、1998年掛井五郎 「都市東京-X」版画、1998年

―関連企画概要―
展覧会名称:「超えてゆく人/掛井五郎展 変成作用Ⅰ 生きているものはすべてメタモルフォーゼします。(ゲーテ)」
会期: 2021年4月18日(日)~2021年5月22日(土)
会場:ギャラリー册(東京都千代田区九段南2-1-17 パークマンション千鳥ヶ淵1階)
https://www.satsu.jp/
電話:03-3221-4220
開催時間:11:00~19:00/日・月・祝日休(18日は営業)
協力:一般財団法人掛井五郎財団
彫刻、ドローイング、版画、アクセサリーなど約117点を展示します。

【アートビオトープについて】
アートビオトープ レジデンス(旧「アートビオトープ那須」)は、同地区に創業した「二期倶楽部」(1986年―2017年)の創業20周年を記念した文化事業として、2007年にオープン。その後、アーティストの滞在制作を支援する「アーティスト・イン・レジデンス」プログラムはじめ、オープンカレッジ「山のシューレ」などを継続的に開催してきました。「アートビオトープ」とは、「アート」と「生命の場所」を意味する「ビオトープ」という言葉を組み合わせた造語で、動植物が一つの生態系を形作っていくように、アートをテーマに人々が集い、交感し合い、コロニーを形成していく苗床となることを願ってつけられたものです。

【アートビオトープ スイートヴィラについて】
アートビオトープ スイートヴィラは、自然とアートが融合するリゾートという二期倶楽部の思想を受け継ぎ、二期倶楽部創業者である北山ひとみのプロデュースにより計画されました。設計を手がけたのは建築界のノーベル賞といわれるプリッカー賞、さらに広範な社会貢献事業が評価され、日本人として初めてマザー・テレサ社会正義賞を受賞した日本を代表する建築家の一人、坂 茂氏です。2020年に完成した、奥行3メートルの大きなテラスを持つ完全独立型の14棟(計15室)のスイートヴィラは、敷地の両脇を流れる美しい渓流を間近で楽しめるように、緩やかな傾斜を持つ土地の形状を生かして配置されています。周囲には敷地の造成中に出土した石を使用した擁壁が設けられ、火山である那須連山の山麓に広がるこの地の風土を表現しています。室内には、現代工芸や本を紹介する小さな展示空間「燦架(さんか)」が設置されています。

【水庭について】
水庭は2018年度芸術選奨美術部門文部科学大臣新人賞(石上純也氏)、クールジャパンアワード2019、第一回「オベルアワード」(石上純也氏)、グッドデザイン2019「グッドデザイン・ベスト100」に選出されるなど数々の賞を受賞し、国内外からも多くの注目を衆めています。

アートビオトープ那須 概要
所在地:栃木県那須郡那須町高久乙道上2294-3および5
客室数:スイートヴィラ15室(内ウィズドッグルーム2室、コネクティングルーム2室)、レジデンス15室
レストラン:μ(35席)
カフェ:Kantan(25席)
その他:水庭、陶芸スタジオ、ガラススタジオ、ホワイトリムジン
客室料金:60,000円より(平日1泊二食・二名一室時の1名料金・税金サービス料別)
レストラン料金:ランチ7,000円・ディナー14,000円 (税金・サービス料別)
運営:株式会社ニキシモ(東京都千代田区、代表取締役北山実優)

A Man Who Goes Beyond/Goro Kakei
An exhibition taking place at the entire Art Biotop Suite Villa

By an unexpected fortunate opportunity , we are able to hold an exhibition of the sculptor Goro Kakei.
At the age of ninety, Goro Kakei is a rare artist who, while being an established Maestro Métier, does not consider his achievement as a constraint on his creative movement, and continues to challenge himself with new creative works.
His secret and unique method of using disobedient materials such as bronze and iron to shape flexible plasticity is unparalleled.
He has been praised for his “innate certainty of line drawing, and for possessing the lines of a child as an adult” and they are the source of his never-aging creativity.
His enormous body of work is a multilayered hymn to life, an elegy for the dead, and a protest to power.
His unrestrained transformations have always shaken the art world. His boldness, his limpid poetry, his existential philosophy and his freedom in formative design….
This exhibition was planned in the hope that it would inspire those who were broken-hearted by the COVID-19 pandemic.
The works will be displayed outdoor on the premises, in the restaurant, and in the exhibition space of Suite Villa.
Coincidentally, June 5th will be the Maestro’s 91st birthday, and we are planning an event to commemorate the occasion.
At Gallery Satsu in Kudanshita, Tokyo, there will be a related exhibition from April 18 to May 22, extracting the essence of Kakei’s diverse works.

[Profile of Goro Kakei]
Born in Shizuoka in 1930. He graduated from Tokyo University of the Arts with a degree in sculpture. After working mainly with the New Creation Society, Goro Kakei was awarded the Kotaro Takamura Prize in 1982 and the Taijiro Nakahara Prize in 1992.
With his amazing creativity, Goro Kakei has created works that go beyond the bounds of materials, motifs and themes, and his hands never stop.

-Outline of the exhibition-
Name of Exhibition: “A Man Who Goes Beyond/Goro Kakei”
Period: June 4, 2021 (Friday) – May 31, 2022 (Tuesday)
Venue: Art Biotop Nasu (2294-3, Michiue Takakuotsu, Nasu-machi, Nasu-gun, Tochigi Prefecture)
http://www.artbiotop.jp/
Cooperation: Goro Kakei Foundation
All the guest rooms will be open to the public on June 4 (Fri.), and from June 5 (Sat.). Only guests of the Suite Villas will be able to see the exhibition in the guest rooms.

■Opening Event■
June 4 (Friday)
Participation fee: 12,000 yen  which includes buffet lunch, a one-day ticket for the exhibition, participation in the talk program, and free walk in the Water Garden (tax not included).
 – Opening talk: 11:30-13:00
 – Buffet lunch 13:00 – 14:30

■Summary of related events■
A Man Who Goes Beyond / Goro Kakei Exhibition
Dates: April 18 (Sun) – May 22 (Sat), 2021
Venue: Gallery Satsu (Park Mansion 1F, 2-1-17 Chidorigafuchi, Kudan-Minami, Chiyoda-ku, Tokyo)
https://www.satsu.jp/
Opening hours: 11:00 – 19:00
Cooperation: Goro Kakei Foundation
Approximately 117 items of sculptures, drawings, prints, and accessories will be exhibited.

[About Art Biotop]
Art Biotop Residence (formerly “Art Biotope Nasu”) opened in 2007 as a cultural project to commemorate the 20th anniversary of Niki Club (1986-2017) located in the same area.
Since then, the facility has continued to hold the Artist in Residence program to support artists stay and create work, and the Open College Schule im Berg. 
The word “Art Biotop” was coined by combining “art” and “biotope,” which means “place of life” in the hope that it would become a nursery where people would gather under the theme of art, interact, and form a colony, just as plants and animals form an ecosystem.

[About Art Biotop Suite Villa]
Art Biotop Suite Villa was produced by the founder of Niki Club, Hitomi Kitayama inheriting Niki Club’s philosophy of a resort that fuses nature and art.
It was designed by leading Japanese architect Shigeru Ban, the first Japanese winner of the Pritzker Prize, considered as the Nobel Prize in Architecture, and the Mother Teresa Social Justice Award for his extensive social contribution projects.
Completed in 2020, it consists of independent villas (15 rooms in total), with a 3-meter-width terrace located on a gently slope facing the beautiful mountain streams that runs along both sides of the property.
The surrounding retaining walls are made of stones excavated from the construction site to demonstrate the environment of this area spreading at the foot of the volcanic Nasu Mountains.
Each Villa has a small exhibition space called “Sanka” that showcases contemporary crafts and books.

[About the Water Garden]
The Water Garden has been awarded the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology Art Department Prize for Newcomer (by Junya Ishigami) in 2018, the Cool Japan Award 2019, the first Obel Award (Junya Ishigami), and Good Design 2019 “Good Design Best 100”.

[Art Biotop Nasu Overview]
Location: 2294-3 Michiue Takakuotsu, Nasu-machi, Nasu-gun, Tochigi Prefecture
Number of guest rooms: 
Suite Villas 15 rooms (including 2 dog friendly rooms and 2 connecting rooms)
Residence: 15 rooms
Restaurant μ:  35 seats
Café Kantan:  25 seats
Other facilities: Water Garden, Pottery Studio, Glass Studio, White Limousine
Room rates: from 60,000 yen (per person per night on weekdays on double occupancy, tax and service charge not included
Restaurant: 7,000 yen for lunch, 14,000 yen for dinner (tax and service charge not included)
Operation: Nikissimo Inc., (Chiyoda-ku, Tokyo, Representative Director: Miyu Kitayama)

 

 
 

 

関連記事

ページ上部へ戻る