泰泉閣/「温泉宿・ホテル総選挙2021」夕食自慢部門で、泰泉閣が九州エリア第一位を獲得!

朝倉産食材を盛り込んだ会席料理をご提供。1泊2食平日13,200円~。写真右は地元郷土料理「筑前朝倉蒸し雑煮」。

筑後川の清らかな湧水が育んだ、福岡の郷土料理に注目

リリース発表日:2021年12月10日 16時50分

株式会社泰泉閣(本社:福岡県朝倉市、代表取締役:林恭一郎)は、2021年11月8日に発表された「温泉宿・ホテル総選挙2021」において、九州地区「夕食自慢部門」で第一位を獲得いたしました。このランキングは、環境省、内閣府、総務省、経済産業省、観光庁の後援で温泉地の活性化プロジェクトを実施している温泉総選挙が、7月1日から10月20日までに受け付けた一般投票(総数50万6,692票)を集計して発表。初年度の今回は、全国から856軒の温泉宿・ホテルが参加。泰泉閣では4つの部門にエントリーし、全ての部門で上位入賞を果たしました。

●夕食自慢部門 九州エリア1位/全国4位
●朝食自慢部門 九州エリア4位
●うる肌部門  九州エリア2位/全国4位
●貸切風呂部門 九州エリア7位

朝倉産食材を盛り込んだ会席料理をご提供。1泊2食平日13,200円~。写真右は地元郷土料理「筑前朝倉蒸し雑煮」。朝倉産食材を盛り込んだ会席料理をご提供。1泊2食平日13,200円~。写真右は地元郷土料理「筑前朝倉蒸し雑煮」。

豊かな湧水が育んだ、地元食材を堪能できる会席料理

ご宿泊のお客様の夕食には、九州各地の名旅館で腕を振るって来た上船昌幸料理長が心を尽くした、四季折々の味わいを楽しめる会席料理をご提供しています。地元の朝倉市で採れた野菜や筑後川の恵みを受けて育った川魚、また朝倉・秋月地区の郷土料理で、お雑煮では珍しい、蒸して調理する「筑前朝倉蒸し雑煮」など、山・川・海の幸をバランス良く取り揃え、体の内側から健やかになれるような料理提供を目指しております。※料理内容はプランや時期によって異なります。
 

料理長:上船昌幸
1974年福岡県糸島市生まれ。福岡県「壱岐長谷川」でキャリアをスタート。その後九州各地で修業を積み、2011年には黒川温泉の旅館山河で料理長、2014年から泰泉閣の料理長に就任し、地域に愛される宿作りと日本料理を志す若手育成に力を入れている。また農林水産省が認定する「和食給食応援団」の一員として学校での食育授業や、調理士栄養士向けの講師も務める。

創業73年を誇る福岡の奥座敷、原鶴温泉「泰泉閣」

福岡市中心部から車で1時間ほど、筑後川のほとりの原鶴温泉に佇む泰泉閣。自家源泉は、古い角質を落とす「アルカリ性単純泉」と、余分な皮脂を取り除く「硫黄泉」という美肌に良いとされる二つの泉質を持つことから、
ブル美肌の湯と称されています。また、当館には1992年に上皇上皇后両陛下にご宿泊の栄をたまわった貴賓室「好日の間(こうじつのま)」や、日本庭園を臨む純和風建築・数寄屋造りの離れ「紅塵庵(こうじんあん)」があります。福岡市内からほんの少し足を伸ばせば、美肌の湯と絶品の郷土料理で、日常を忘れられる癒しのひとときをご堪能いただけます。

【本プレスリリースの会社概要】
株式会社泰泉閣
〒838-1521 福岡県朝倉市杷木志波20番地
電話:0946-62-1140 FAX:0946-63-6338
URL:https://www.taisenkaku.co.jp

関連記事

ページ上部へ戻る