東急リゾーツ&ステイ/運営86施設のアメニティに、わら等を配合した製品を順次導入

プラスチック廃棄量の削減に向けて

リリース発表日:2022年3月30日 14時00分

東急リゾーツ&ステイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中辰明、以下、当社)は環境に配慮した取り組みとして、2022年4月1日より施行となる「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(以下、プラスチック資源循環法)」に伴い、各運営施設の、歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、シャワーキャップを、わら等を配合したバイオマスアメニティに順次変更いたします。

  • 使い捨てプラスチック製品の排出削減について

 持続可能な開発目標「SDGs」の達成に向けた取り組みの一環として、当社ではこれまでもストローや買物袋(レジ袋)などのプラスチック製品の利用削減や、アメニティ製品を必要な分だけ、セルフ方式でお取りいただく「アメニティバー」の設置などにより、プラスチック廃棄物の削減に取り組んでまいりました。
当社では、新たに2022年4月以降、アメニティ製品(歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、シャワーキャップ)をバイオマス製品に順次変更しプラスチック廃棄量の削減に取り組んでまいります。

この取り組みにより、アメニティのプラスチック使用量を4割以上削減することを見込んでいます。

  • バイオマスアメニティーについて

 バイオマスアメニティは、「わら」や「さとうきび(シャワーキャップのみ)」を主とした生物由来資源を配合し、プラスチックの使用量を抑えたアメニティです。また、包材原料も80%が紙原料を使用しています。

<バイオマスアメニティ導入運営施設>
・リゾートホテル(7施設)・東急ステイ(30施設)・ゴルフ事業(24施設)

・東急ハーヴェストクラブ(25施設)

  • 対応するSDGs

  • 会社概要

<東急リゾーツ&ステイ株式会社 >
全国100を超える施設運営を手がける総合運営会社。
民間・行政問わず、運営受託、マネジメント契約、コンサルティング契約等の運営サポートを行う。
会社名 東急リゾーツ&ステイ株式会社(https://www.tokyu-rs.co.
代表者 代表取締役社長 田中 辰明
本社所在地 〒 150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目 10番 8号 渋谷道玄坂東急ビル
設立 1979年 3月 13日
資本金 100百万円

関連記事

ページ上部へ戻る