(株)生産者直売のれん会/浅草の人気甘味処「甘味 みつや」が仲見世通り商店街に出店

浅草の新土産【白玉手箱】を発売

リリース発表日:2022年3月31日 18時16分

生産者直売のれん会は、2022年4月1日に浅草の仲見世通り商店街へ人気甘味処『甘味 みつや』の持ち帰り商品専門店『甘味 みつや』仲見世通り店を出店します。併せて、持ち帰り用の新商品として「白玉手箱」を発売します。

<『甘味みつや』メトロ通り店と、人気の「白玉」メニュー>

 

<新たに出店する『甘味 みつや』仲見世通り店の外観と新商品の「白玉手箱」>

 

浅草の『甘味 みつや』は、自家製の「みつ」にこだわりながら、白玉やかき氷、寒天、くずきり、などの昔ながらの日本の甘味を提供し、創業以来多くのお客様の支持を得てきました。さらにこれらをより広く、より新しい形で味わっていただくために浅草の中心地ともいうべき仲見世通り商店街に持ち帰り専門店『甘味 みつや』仲見世通り店を出店します。

『甘味 みつや』仲見世通り店は、「甘味みつや」が持つ“シンプル、丁寧、和の雰囲気”という特徴を踏襲しつつ、お持たせ商品(お土産商品)を取り扱う店舗として、より上質感を演出した店舗としています。

さらに、『甘味 みつや』仲見世通り店 出店に合わせた持ち帰り用の新商品として、白玉の新たな楽しみ方を提供する「白玉手箱」を発売します。「白玉手箱」は、正方形の木箱に白玉(9個)と餡を詰めた、和テイストあふれる新感覚の商品です。

商品名の「白玉手箱」は、おとぎ話の浦島太郎に出てくる「玉手箱」のように「お土産として持ち帰る」と「箱を開ける時の高揚感を感じてもらう」という2つの思いから付けました。仲見世通りから発信する新しい浅草土産として、お参りや観光に訪れた幅広い方々に利用してもらいたいと考えています。

「白玉手箱」に収められた白玉には、佐賀県産の最高品質のもち米「ひよく米」を昔ながらの石臼でひき、阿蘇を源流とする伏流水でこしたこだわりの白玉粉を使用しています。「あんこ」(税込み1100円)「苺あん」(同1300円)「桜あん」(同1300円)「ずんだ」(同1300円)の4つの商品を用意しました。それぞれ、素材を厳選し手間暇をかけた製法で作られたこだわりの味で、バリエーションを楽しめます。
 

■新商品詳細

白玉手箱 あんこ
税込み1100円

小豆は北海道産を厳選吟味し、小豆独特の風味に優れた豆を使用。手間ひまかけて作る昔ながらの製法を守り、食品添加物は一切使用せず、丹精込めて製造した美味しいこしあんです。

白玉手箱 苺あん
税込み1300円

春の期間限定商品です。全国各地のいちご数十種類取り寄せて試作を繰り返し、宮城県山元町のいちご農家である高泉さんの「よつぼし」という品種を採用。このよつぼしを喜界島のきび糖といちごの水分のみを銅鍋で火加減にこだわった製法で仕上げた苺みつと、手間ひまかけて作る昔ながらの製法を守り、食品添加物は一切使用せず、丹精込めて製造した美味しい白あんを絶妙な加減で配合した苺あんを使用しています。

白玉手箱 桜あん
税込み1300円

春の期間限定商品です。桜は全国有数の名産地神奈川県小田原産のものを採用。甜菜糖を加え銅鍋で仕上げた自家製桜みつと手間ひまかけて作る昔ながらの製法を守り、食品添加物は一切使用せず、丹精込めて製造した美味しい白あんを絶妙な加減で配合した桜あんを使用しています。

白玉手箱 ずんだ
税込み1300円

 

秋田県産の希少な秘伝豆を厳選し使用。釜戸で薪火をつかい昔ながらの伝統製法で炊いたずんだあんを使用しています。

■【新店舗概要】

店舗名称|『甘味 みつや』仲見世通り店
甘味みつや kanmi Mitsuya 
https://kanmi-mitsuya.jp/
住所|東京都台東区浅草1-18-1
オープン日時|2022年4月1日(金)
電話番号|03-6802-7710
営業時間|11:00~17:00 ※4/1の初日は12:00~

■【会社概要】

商号|株式会社生産者直売のれん会
代表者|代表取締役社長   黒川健太
住所   | 東京都台東区雷門1-2-5

電話番号 | 03-5827-7530

<本件に関するお問い合わせ先>
担当     | 田中 貴之
Mail address   | contact@kanmi-mitsuya.jp

関連記事

ページ上部へ戻る