伊豆シャボテン公園/伊豆シャボテン動物公園の「端午の節句」はちょっぴりトガってる!?

2022年5月31日まで展示

鎧兜(よろいかぶと)のサボテンサムライ『しゃぼ丸』を展示!

リリース発表日:2022年4月30日 17時25分

伊豆シャボテン動物公園では2022年5月31日(火)まで、風薫るこの季節恒例の「端午の節句・鎧兜のサボテンサムライ『しゃぼ丸』」を、第5温室メキシコ館に展示いたします。

5月を代表する行事である端午の節句に、サボテンの力強い外見と温かい内面をイメージした鎧兜のサボテンサムライ『しゃぼ丸』に扮したサボテン1体を展示いたします。

2022年5月31日まで展示2022年5月31日まで展示

端午の節句の鎧兜には「身体を守るもの」という意味が込められており、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いを込めて飾られます。

伊豆シャボテン動物公園ならではの端午の節句伊豆シャボテン動物公園ならではの端午の節句

また、サボテンにはトゲがあり外敵から身を守る意味もありますので、鎧兜とサボテンを合わせて、とても力強い端午の節句飾りが完成いたしました。

サボテンサムライ「しゃぼ丸」サボテンサムライ「しゃぼ丸」

『しゃぼ丸』には樹齢約30年・大きさが直径約23cmのサボテンの王様「金鯱(キンシャチ)」を使用、鎧の高さ70cm、鎧の横幅70cm、全体の大きさは高さ210cm、横180cm、奥行120cmです。

しゃぼ丸はサボテンの王様「金鯱」しゃぼ丸はサボテンの王様「金鯱」

金鯱の特徴でもある黄色の大きな棘が、美しく勇ましい『しゃぼ丸』を演出しており、兜のサボテンマークが光り輝いております。

【伊豆シャボテン動物公園】
https://izushaboten.com/

https://prtimes.jp/a/?f=d38159-20220430-4c8bdfb87a2aa184521339e723c72c92.pdf

関連記事

ページ上部へ戻る