KNT-CT HD/地域や企業との協業で、新たなサイクリング市場を開拓 ~ 国土交通省が推進するサイクルツーリズム、ツアー需要が拡大 ~

人気の「しまなみ海道」での夏季の新商品や、紅葉の京都を渋滞しらずで楽しむ企画など新提案

リリース発表日:2022年5月9日 15時00分

クラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:酒井博、以下クラブツーリズム)では、サイクリングツアーの人気を受け、ツアーのエリアを拡大し商品ラインナップを拡充いたします。サイクルツーリズムが観光誘客の切り札になると考え、地域や企業と連携してツアーを企画してまいります。
個人の趣味を形にした「テーマ旅行」を得意とするクラブツーリズムでは、アウトドアをフィールドにした登山・ハイキングツアーやサイクリングツアーを展開しており、人混みが敬遠されるコロナ禍において開放感を味わえるサイクリングツアーはツアー需要の回復がはやく、健康志向のお客様に支持されています。

■サイクリングツアーの魅力
お客様による自転車手配が不要のため、気軽に、身軽にご参加いただくことが可能です。また、サイクリングガイドが先導するので道に迷う心配もありません。ツアーによっては、お客様の荷物や、途中で断念されたお客様や自転車を乗せることができるサポートカーが併走しますので、より安心です。
https://bit.ly/3wfT72C

■地域との連携を強化
サイクリングツアーは自転車の手配や走行ルートの選定など、地域の協力が必要不可欠です。事業として発展させていくため、地域との連携を強化し、お客様に安全で魅力的なツアーを提供してまいります。
一例として、北海道の稚内市では昨年初めてサイクリングツアーを企画し、今年はその実績をもとに地元の協力をいただきながら、サイクリングエリアを利尻・礼文島にまで拡大し、新たにツアーを企画しました。

<ツアー一例> 『北海道秘境巡りと稚内サイクリング 2日間』
https://bit.ly/3kJcf3M (コース番号:H1872-988)
旅行代金:79,800円~89,800円(お一人あたり) 出発地:首都圏

■企業と協業し、オリジナルツアーを開発 ~京都の紅葉を自転車で駆け抜ける~
本年5月より全国に500店舗を構える自転車業界大手「サイクルベースあさひ」と協業し、これまでにない新しいツアーを企画してまいります。
第一弾は、歴史ある京都の街並みと紅葉を自転車に乗って駆け抜ける2日間のツアーで、紅葉シーズンの混み合う京都市内を自転車だからこそ「渋滞知らず」で優雅に観光できます。「サイクルベースあさひ」の専属サイクリングガイド同行で、自転車と京都の魅力を一度に味わえる当社だけのオリジナル企画です。

<ツアー一例>『サイクルベースあさひ共同企画 渋滞知らずで紅葉めぐり 京都サイクリング 2日間』
https://bit.ly/3kNS5G2 (コース番号:H1888-988)
旅行代金:118,000~120,000円(お一人あたり) 出発地:首都圏

■国土交通省指定の「ナショナルサイクルルート」をツアーでご案内
「ナショナルサイクルルート」は、サイクルツーリズムの推進により地域の創生を図るため、ソフト・ハード両面から一定の水準を満たすルートを、国が指定した国定サイクルルートです。当社のサイクリングツアーでも、人気の「しまなみ海道サイクリングロード」をはじめとして、多くのナショナルサイクルルートへご案内しています。

<ツアー一例:しまなみ海道 人気を受け、夏季のツアーも新登場>
美しい島々とそれらを繋ぐ橋が織り成す海の道「瀬戸内しまなみ海道」は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約75キロの道です。日本で初めて海峡を横断できる自転車道として有名で、瀬戸内海に浮かぶ島々の絶景を楽しむことができます。当社では尾道観光協会の全面バックアップでツアーを企画し、現地のサイクリングガイドによるサポートで、サイクリングデビューの方でも安心してご参加いただけます。
今年は初めて夏季のツアーもご用意しました。熱い夏でも安心して参加できるようにツアーを運営いたします。

 ・『サイクリングで渡る!絶景のしまなみ海道全長約75km走破 3日間』
  https://bit.ly/3OV7mTf (コース番号:H1853-988)
  旅行代金:140,000円~145,000円(お一人あたり) 出発地:首都圏
  
 ・新商品:夏季のツアー『サイクリングで渡る!絶景のしまなみ海道全長約75km走破 3日間』
  https://bit.ly/3KPS6DJ (H1855-988)
  旅行代金:99,800円~109,800 円(お一人あたり) 出発地:首都圏

 クラブツーリズムでは、サイクリングツアーを通じて地域に貢献しながら、お客様に新たな旅を提案してまいります。

 

関連記事

ページ上部へ戻る