アクトインディ/【2022年5・6月おでかけ市場レポート】おでかけ意欲がコロナ前の水準に回復!旅行への関心も増大!/いこーよ総研

出典:Google Analyticsより

6月のお出かけ状況とお出かけ意欲やマスクの着用状況について

リリース発表日:2022年6月24日 09時00分

6月後半となり、沖縄に続き関東でも、今週早くも梅雨明けの予測がされています。また、新型コロナの感染状況に関しては落ち着きを見せており、東京都民割の「もっとTokyo」をはじめ、旅行やおでかけ支援のキャンペーンの話題がニュースを賑わせています。一方、厚生労働省から公共の場のマスク着用が必要ない場面についての指針が出されるなど、新型コロナ感染対策の緩和が少しずつ進んでいるのが感じられます。そこで今回は、6月に入りおでかけ意欲がどの程度回復したのか、また、マスクの着用に対する意識が現状どうなっているのかなどについて調査・分析をしてみました。
・いこーよ総研
https://research.iko-yo.net
・いこーよ総研公式twitter
https://twitter.com/ikoyo_soken
※いこーよ総研公式twitterをフォローする事で、いこーよ総研の更新情報を受け取ることができます

以下、2022年5月・6月のおでかけ市場レポートを一部抜粋したものになります。

《トピックス》

  • 6月になり、コロナ禍以降初めて、おでかけ市場がコロナ前のレベルにまで回復
  • 屋内、屋外ともに「遊びに行きたくない」という割合が1割未満に低下
  • 子どものマスクは状況により着用を判断、大人もできたら外したいというのが本音
  • おでかけ市場レポート総括

6月になり、コロナ禍以降初めて、おでかけ市場がコロナ前のレベルにまで回復

以下グラフは、2020年4月からのいこーよサイト閲覧数(おでかけ施設ページのみ)と、2019年(コロナ前)の閲覧数を比較したものです(2019年を100%として比較)。おでかけ意欲の増減をみるひとつの指標として活用しています。

6月の現時点で対2019年比が102%と、コロナ禍になって初めて2019年と同じレベルにまで回復しました。

出典:Google Analyticsより出典:Google Analyticsより

※直近の6月のデータは、分析時点の6月中旬までのデータを使用。
※2021年3月以降は、昨対比ではなく、新型コロナの影響を受けていない2019年3月~2020年2月のデータをベンチマークとして比較。

屋内、屋外ともに「遊びに行きたくない」という割合が1割未満に低下

続いて、新型コロナウィルスの感染リスクに対する考えを時系列で比較したデータがこちらです。「とても怖い」という割合が計測し始めてから一番低く、11%にまで縮小しました。「全く気にしていない」、「あまり気にしていない」の合計も23%とこの2年間で最も高くなり、感染リスクに対する恐怖意識が低くなってきているのがわかります。

出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより

同じく時系列で見ている屋内施設へのおでかけ意欲に関するデータでも、「積極的に遊びに行きたい」と「遊びに行きたい」の割合が過去2年で最も多く、「なるべく遊びに行きたくない」、「決して遊びに行きたくない」も8%と1割を切りました。

出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより

屋外施設へのおでかけ意欲についても、92%以上が「積極的に遊びに行きたい」「遊びに行きたい」と回答しており、コロナを理由に屋外施設に「行きたくない」という人はほぼいないという状況と思われます。

出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより

子どものマスクは状況により着用を判断、大人もできたら外したいというのが本音

おでかけ施設での、回答者自身(大人)のマスク着用状況について聞いてみました。「人の有無にかかわらず屋内でも屋外でも着用している」という人が62%と最も多くなり、状況にかかわらずとにかくマスクをしている人が多数いるという結果に。実際の行動とは別に、マスクの着用に関して「どうしたいか」についても聞いたところ、「人の有無にかかわらず屋内でも屋外でもまだ着用したい」は36%と非常に低くなり、本音では周りの様子を見ながらマスクを外していきたいと考えている人が多くいることがわかりました。

出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより

続いて、子どものマスク着用についても聞いたところ、大人と比べて子どもの方がマスク着用の比率は低く、「人の有無にかかわらず屋内でも屋外でも着用させている」という人は30%でした。「屋外で人が少ない場合は着用させてない」、「屋内でも屋外でも人が少ない場合は着用させていない」という割合が大人よりも高く、周りの様子をみながら子どものマスクをつけ外しさせている保護者が多くいることがわかりました。そのため、実際の行動と本音の意見との差も大人ほどは大きくなく、すでに状況をみながら保護者の判断で子どものマスクを外させるようにしている様子が見られます。

出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより出典:いこーよ6月ユーザーアンケートより

おでかけ市場レポート総括

おでかけ意欲の増減をみるひとつの指標としている「いこーよ」サイトの月次セッションが、コロナ禍になってから初めて2019年比で100%を超えました。新型コロナに関する恐怖意識もこの2年の中では最も低くなり、順調におでかけ市場の回復が見られます。

マスクに関しては、大人は屋内でも屋外でも着用していると回答している人が多いのですが、子どものマスクに関しては屋内や屋外、周りにいる人の数などで保護者が判断し、着用させたり外させたりと調整している様子が見られます。

夏休みに向けておでかけや旅行の計画を立てている家族が多くいると思われますが、今年の夏休みはコロナ禍以前もしくはそれ以上におでかけ市場が盛り上がることを期待しています。

■2022年5月・6月のおでかけ市場レポート全文はこちらから
https://research.iko-yo.net/report/7046.html

■その他のいこーよ総研の記事
・2022年5月公開分(4・5月分データ)「ゴールデンウィークにおでかけした家族は9割、宿泊は3割にも」
URL:https://research.iko-yo.net/report/6775.html
・2022年4月公開分(3・4月分データ)「GWに向けてお出かけや旅行への関心がますます高まる傾向」
https://research.iko-yo.net/report/6633.html
・2022年3月公開分(2・3月分データ)「3月のお出かけ状況と春休みのお出かけ意欲について」
https://research.iko-yo.net/report/6436.html

※いこーよ総研の更新情報を受け取りたい方は、以下のいこーよ総研公式twitterのフォローをお願いします
いこーよ総研公式twitter:https://twitter.com/ikoyo_soken

■「いこーよ総研」概要
URL: https://research.iko-yo.net/

関連記事

ページ上部へ戻る