T&G/テイクアンドギヴ・ニーズ社外取締役にNPO認定法人 虹色ダイバーシティ 理事長 村木真紀氏が就任

ダイバーシティ&インクルージョンを推進し、企業価値向上と業容拡大を図る

リリース発表日:2022年6月24日 13時00分

全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:岩瀬 賢治)は、本日開催の定時株主総会にて承認を受け、NPO認定法人 虹色ダイバーシティ 理事長の村木真紀氏が社外取締役に就任したことをお知らせいたします。
当社は、LGBTQ研修の継続的な実施、同性カップルとその子どもを配偶者・家族として福利厚生等の対象とする「パートナーシップ宣誓制度」導入のほか、2007年から継続している障がい者雇用や、ライフステージの変化に応じた多様な働き方など、ダイバーシティ&インクルージョンに取り組んできました。価値観やライフスタイルの多様化が進む社会において、ダイバーシティ&インクルージョンのさらなる推進は企業として重要な責務だと考えています。今後は、村木氏の豊富な経験や知識を当社の経営に取り入れ、多様な顧客のニーズに応えながら、多様な従業員が生き生きと活躍できる労働環境をつくることで、企業価値の向上と業容拡大に努めてまいります。

■村木氏のコメント
婚礼業界として初めてLGBTQに関する研修の依頼をくださったのが、テイクアンドギヴ・ニーズ社でした。従業員向けにも顧客向けにも先進的な取り組みをしてきた企業に、社外取締役として参画できることを大変嬉しく、楽しみに思っています。ダイバーシティ&インクルージョンの推進は、企業の持続可能性のために必須で、あらゆる経営判断を多様な目線でチェックする必要があります。私は、40代で、女性で、同性のパートナーがいて、パートナーと共に子どもを育てています。こうした属性を持つ人は、日本の大企業の経営層にほとんどいません。日本はまだ婚姻の平等が法制化されていない国です。家族になりたいと切実に望みながら、それを叶えられない人たちが沢山います。同社はビジネスを通じて、こうした人たちにも希望のメッセージを伝えることができると信じています。今後、ダイバーシティ&インクルージョン施策推進の専門家であり、かつ、多様性を体現する存在として、同社の企業価値向上に尽力したいと思っております。

■村木 真紀氏 プロフィール
京都大学卒業後、サッポロビール株式会社(現サッポロホールディングス株式会社)に入社。その後、外資系コンサルティング会社を含む複数企業にて、主に決算業務の効率化のためのシステムコンサルティングを歴任。その後、LGBTQと職場の問題解決のため、2013年にNPO法人虹色ダイバーシティを設立し、理事長に就任。関西学院大学非常勤講師も務める。

関連記事

ページ上部へ戻る